Blog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR関連 2014/02/05

広告で生活に変化を


change02

 

海外と違い日本には広告を露出メディアに規制が多いのかなと思います。

イベントや交通広告、Web動画などプライバシーや公共性などの理由から大胆な広告やPRが打ち出しづらい印象を受けます。

規制された中で新しい物を生み出す楽しさもあるのかもしれませんが…

 

そんな中、イオンエンターテイメントは広告事業の強化を図るため、自社の従業員の制服に他社の広告ロゴや商品名を乗せるという新たな試みを始めました。制服の袖や背中に他社の広告を入れ、映画館を利用する消費者に対し、広告主企業の認知度を向上することが可能になります。

 

ユニフォームを広告として企業名を載せる取組みは、サッカーなどのスポーツ業界では一般的ですが、自社ブランドを重視する小売りやサービス業ではそうはいきません。

 

映画館の広告事業は上映前の「シネアド」と呼ばれるCM映像が中心ですが、映画館という特別な空間で目にする無意識の広告はとても効果があるのかなと思います。

今後、ファーストフードや引っ越し業者、運送業などのユニフォームにも様々な企業広告が参入でき、プリントの画でユニークな広告が使うことが出来れば、日常生活に少しでも変化を与えることが可能になるのにと思います。

 

SNSに投稿する為に、制服を着た従業員と2ショット写真を撮影する学生の姿を見る日が来るのでしょうか。

参考:『従業員制服に企業広告』 2014/02/03

 

 

change01

この記事が気に入ったらいいね!・フォローをしよう!!

change01

この記事が気に入ったらいいね!・フォローをしよう!!

ACCESS お電話でのお問い合わせ

株式会社エイゼップ
〒107-0052東京都港区赤坂4-2-8 金春ビル5F
03-6441-0806 (平日11:00~18:00)

ご相談はこちらまでお願いいたします。

返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に
一次回答させていただきます。